dutcheez’s Fun with English!

通勤電車で英語を楽しく学ぼう!

おかげさまで記事数が360を超えました!

4.1.3 本場の案内放送: 「降りる」のに"Get Off" が使われにくい理由

これだけ公共交通機関のアナウンスばかりをブログで特集していたら, こんな事象がでてきました。
ネイティブが使う表現で, 「列車を降りる」ことを表現するのに Get off がでてこなくなるのです。
話し言葉ならいくらでも出てくるのに, 公共性が高いところではぱたっとなくなる。なぜなんだ・・・!?
 
 
Sponsored Links 

 

 
 
 
 

「降りる」 の表現, 本場の英語放送の数々

Watch your step as you EXIT.
 
You must OFFBOARD, wait at the arrival platform for the next SFO train. (サンフランシスコBART)
 
Ladies and gentlemen, this is the last stop of this train. Everyone please LEAVE the train. Thank you for riding with MTA, New York City transit. (ニューヨーク市地下鉄)
 
Please disembark here for *** (東京ディズニーランド)
 

GET OFF のかわりに出てくる用語

・EXIT
・OFFBOARD
・LEAVE
・DISEMBARK
・ALIGHT
 
これらは出てくるのにGet Off が公共のアナウンスの場ででてこない。
 

辞書で調べました"Get Off"

何か合理的な理由があるのかなぁと思い, 辞書を調べてみました。
 
通常の意味のほかにも, 口語表現としてこんな意味がみつかりました。
 
**** 上記のサイトより引用 ****  
9. (intr, adverb) to become high on or as on heroin or some other drug
10. get off with  Brit to establish an amorous or sexual relationship with 
上記英文の筆者訳 
9・ヘロイン等の薬物を吸って, ふわーってなる (become high) こと
10・(英) 色っぽい/性的な関係をもつこと
 
なあるほど。調べてみるまで全く知りませんでした。公共性が高いアナウンスを作る方も気をつけますよね。"Please get off here" とか言った上で揚げ足をとる人が出てきたらそりゃぁ大変です。・・・とはいいつつも, 本場の英語圏でGet Off を使っているよ!などといった反例はすぐに出てくるかもしれません。
 
あくまでも一個人の推測にすぎないこと, ご了承ください。  
↓次の記事へ↓

 ニューヨークの14記事を飛ばして次に行きたい方はこちら! 

記事を読んで楽しいと思ってくださった方, よろしければぜひ, 読者になってください!

 

↓目次へもどる↓

 

Sponsored Links