dutcheez’s Fun with English!

英語を楽しく学ぼう!

Google カスタム検索

アメリカでドライブ! 2: 国内での準備〜レンタカーを借りる

アメリカで運転してみたい!

 

そう思った方に ぜひご覧いただきたいシリーズです。

 

1ヶ月とかの長期休みを取れる方は,

現地でクルマを購入して 1ヶ月後に売る, なんて人もいるのかもしれないですね笑

 

そこまでの離れ業は 僕自身やったことがないので解説できません 笑

 

 

まずは・・・免許センターで国外運転免許証を取得

*実技試験とかありません!!笑 誰でも簡単に取得できます。

 

<必要なもの>

・日本の運転免許証

・外国に渡航することの証明(パスポートでOK)

・証明写真(5 cm x 4 cm)

・手数料 数千円 (2016年現在  2,400円 / 異なる都道府県があるかもしれない)

・過去に受けた国外運転免許証 (返納用)

・平日の数時間 免許センターに行く時間 + 手続きにかかる時間 (長いところで1−2時間)

 

 

サラリーマンにとって, 一番のハードルは「時間」といったところでしょうか。

 

アメリカ(やカナダ)でレンタカーを借りる場合には, 提示の必要性は州ごとにルールが違っていますが, 

 

「国外免許証は日本の運転免許証の 公式な翻訳文書」
であることは共通認識(のはず)で, あくまでも「補助的な文書」です。

*翻訳 = 英、仏、西、露、中

 

国外免許がIDの代わりになることはあまりありません (認識間違ってるかな・・・)

 

 

 

 

 

 

 レンタカーの予約

 

 

ハーツレンタカーなら 日本語のウェブサイトがあるし

英語はたまにでてくる文章を読めればOKです。

 

メジャーな空港ならどこにでもあります。

 

 

借りる料金は高いけれど 

・契約のオプションが充実している たとえば LDW Loss Damage Waiver がコミコミ料金。多少こすっても罰金無料。(日本ならレンタカー屋で罰金 2万円取られる)

 

・車両保険 → ロードサイドサービス → 他人へかける保険 → 自分にかける保険 ・・・の順番に料金が上がっていきます。

(日額換算、現地交渉、追加料金

 

エス、イエス、イエース といえば 
あっという間に追加料金数万円。笑

ここだけは頑張って会話・交渉してください。

いくら忙しくても
どんなに混んでいても、ここの交渉が一番大事
です。

 

 

★会話例

先日, 7泊8日のレンタル 3500 kmの旅をした際は 単独行に対する不安もあって 保険だけは妥協せず オールイエスにしました。

 

「日額で言わんとトータルで言うてくれ」

「LDWだけなら$1,000少々」

  *このうち乗捨代だけで $500くらいかかっている 笑

 

「全部コミコミなら$1,400少々」

 

  *一瞬葛藤する・・・保険で$400って結構な予算オーバー・・・

  *でもよく考えろ 1週間走り続けだぞ

 

「全部 コミで」

「よっしゃ アップグレードしたる」

 「遠くへ行くなら 大きいクルマの方がいいからな」

 

予約してたのは カムリ的な小型車ですが それがSUVへと化けました。

 

 

 

 

多分 他にもいいレンタカー会社があるとは思いますので探してみてください

Alamo  Avis  Budget  Dollar  Enterprise...

あたりが有名なレンタカー会社です。

 

 

 ★「学割」 =学生は割

日本だとレンタカーには学生割引があって当然みたいな雰囲気がありますが

アメリカでは21−25歳までは追加料金が発生してしまいます。

 

若者は統計的に事故率が高い, ということなのでしょう。

初めてアメリカで運転したのは21歳の時ですが 追加料金には結構アタマを痛めました。

 

※州によって料金は違う(例えばニューヨークは高い)

アメリカ旅行は 21歳以上じゃないとあらゆることが不便です。

(レンタカー借りれない, お酒が買えない, ホテルのチェックインに制限...)

 →現役で入った大学生なら3回生以上, 1浪で入った大学生なら2回生以上

 

 

 

★地図? カーナビ?★

カーナビは標準装備ではありません。

オプションでつけるとむっちゃ高い

ケータイ電話をRoamingでつなぐと, 通信代がえげつない・・・

 

★苦い経験★

道に迷ったので たった2回だけRoamingでつなぎました。それだけで

ケータイ代:通常の月間料金+10,000円 

 

うう (>_<。... 

そんなときは, 紙の地図があれば大丈夫。

アナログ世代だ, 文句あっか!!笑

 

Rand McNally Road Atlas 

      

 

・現地入りしてから本屋で買うもよし

Amazonで買ってからアメリカに持って行くもよし

 

 カーナビ(英語ではGPS)がオプション料金になっている場合($20/日) は

紙の地図が圧倒的に安くて便利です。おすすめ。

 

 

⇒次の記事へ ⇒⇒

 

記事を読んで楽しいと思ってくださった方, よろしければぜひ, 読者になってください!

アメリカでドライブ! 目次⇒ 

 ⇒⇒ ブログトップ ⇒⇒⇒⇒