dutcheez’s Fun with English!

通勤電車で英語を楽しく学ぼう!

おかげさまで記事数が360を超えました!

アメリカ横断記 Jul’19-20  空路: シアトル-ロサンゼルス 国立公園の上空を飛ぶ

シアトルからカリフォルニア州へ向けて飛行機へ乗る際は,
ぜひ窓側を予約してください!

 

東側からはマウントレーニア・晴れていればレイクタホ (Lake Tahoe)・ヨセミテ (Yosemite) などの名所を見ることができます。オレゴン州のクレーターレイク(Crater Lake) を上空から眺めたかったのですが, 残念ながら東側の窓からは見ることができませんでした。

 

西側は海が見えるでしょうが夕方だと強烈な西日に差し込まれます。

f:id:dutcheez:20190804195913j:image

マウントレーニア(Mt. Rainier)

すぐに壁紙に設定しました! 

 

コーヒーでおなじみの山です。

富士山より高く マウントレーニアの山頂の標高は4,392 m (14,411 ft) だそうです。

活火山 ということで 仮に噴火すれば火砕流と氷河融水が合わさるため, ふもとの川の流域はかなり危険だ・・とのこと。


f:id:dutcheez:20190804195920j:image

アマゾンの貨物機が滑走路をひた走る

 

今の時代, 物流会社を買わないと勝負にならない・・なんて言われますが, さすがはアマゾンさま。航空会社までお買い求めになられたのでしょうか・・・・・

 

さすがはアマゾンの本部, シアトルですね!!こいつだけにとどまらず, 他にも何機か止まっていました。




f:id:dutcheez:20190804195905j:image

夕方。山の長い影が大地に伸びる

円形に見えるものはセンターピボットの農業かと思われます。

こういった農業は日本からテキサス州へ飛ぶ便でも窓の外からみることができ, そちらの方が円が密集したように見えます。

 

センターピボットについては, ヒコーキよりもGoogle Mapsの方がよく見えますね・・・(ご参考まで, こちらはネブラスカ州の上空)

f:id:dutcheez:20190813183818p:plainf:id:dutcheez:20190813190239p:plain 

座標: 37.698475, -99.110338

こういう配置より

 

f:id:dutcheez:20190813190355p:plain

座標: 37.678344, -99.147899

こういう配置の方が 同一平面により多くの円を配置できるはずですが

そういう細かいことを考える人は 土地が有り余る大平原にはあまりいないようです。笑

 

西海岸にはセンターピボットのような農業方式はほとんどみられず, 

f:id:dutcheez:20190813192408p:plain

長方形を敷き詰める感じの農業が一般的です。



 

 

Sponsored Links 

 

 

 

夜8時過ぎ。日がもうすぐ暮れようとしています。

夕日の逆側でも夕焼けみたいなのが広がっております。
f:id:dutcheez:20190804195902j:image

 

やややっ!?
f:id:dutcheez:20190804195929j:image

非常にわかりづらくはありますが・・この岩肌はヨセミテ国立公園では・・?

左手にある尖った岩がおそらくEl Capitan だと思われます。

・・・と思って確かめてみました。

f:id:dutcheez:20190813192129p:plain

Google Maps の3D表示にして左を北・右を南に再配置すると, すごく似た感じに!!

 

この赤印の部分がEl Capitan ですが, 地上からみますと・・・

f:id:dutcheez:20160723171210j:plain

こんな感じです。

ヨセミテは一瞬ですがかつて, この記事に載せました!

 

ヨセミテの後は少し見所から離れますので, 思い切って寝ましょう!

起きた頃には ロサンゼルス上空, 何万ドルかの夜景!!!

f:id:dutcheez:20190804195916j:image

ロサンゼルス上空の夜景はいつも、いつもキレイです!

これは日が暮れてすぐ。晩9時半くらいの写真です。

 

 

ロサンゼルスの夜景が見れそうな便に乗る際には窓側席を予約することをおすすめします!!

今は夜到着のHND-LAX便があるんでしたよね, たしか。

これまでにも何回かみてきましたが,  

毎回感動します!! 圧巻の夜景!!!

 

本気で3時間寝る予定だったのに・・・
美しい景色がそれを許してくれませんでした!!

 

 

***

 

クルマという相棒を失った僕。

電話がない僕。空港からホテルまでうまくたどり着けるかなあ。

「最長で25分ほど待てば, 必ずシャトルバスがやってきます」

というホテルの案内。かなりてきとう。

晩10時のロサンゼルス・・・一人にしないでーww

 

と思ったら5分以内にバスが!!手を思い切り振って合図してバスを呼び込みます。

超タイミングよくきてくれたので, ドライバーには$5あげました。

はーよかった!

 

あとは安全に帰るだけっ!!!!

 

記事を読んで楽しいと思ってくださった方, よろしければぜひ, 読者になってください!

 

次の記事 21  ファーストクラス!

前の記事   19  ワシントン州・飲酒運転撲滅の取り組み

アメリカ横断記 2019年7月 もくじ >>

 

Sponsored Links